雨漏りが!修理せよ!

マイホームの屋根から雨漏りが…。修理しよう!

屋上防水リフォームの際のオススメ工法

屋上には、様々な形状や環境があります。
屋上防水に多くの種類がある理由は、形状や環境により適した工法が必用だからです。
また、屋上を歩行するのか否かによっても、選ぶ防水工法が変わります。
その為に、様々な種類があり対応させるのです。
長期間雨漏り等で建物に漏水を与えないよう、適した工法で漏水しない屋上を作ります。

最近採用されるようになった屋上リフォームの際の工法は、かぶせ工法です。
かぶせ工法とは、既存の防水を剥がさずにその上から新しい防水層を施工する工法です。
別名、オーバーレイ工法ともいいます。
既存の防水の上から施工となると、本当に問題はないのか気になる方も多いと思います。
防水の場合は、剥がさずにその上から張る事で様々なメリットがあります。

かぶせ工法使う事が出来る防水工法は、以下が挙げられます。

・ウレタン防水
・FRP工法
・塩ビシート工法
・トーチ工法

等が、あります。

かぶせ工法の特徴は、これらが挙げられます。

・工期短縮とコスト削減
かぶせ工法の最大のメリットは、工期短縮とコスト削減です。
剥がす手間が無いので、その分削減となります。
その為、外壁のサイディングや屋根のかぶせ工法と同様、
リフォームに使われる事が大変増えました。

・防水力が高くなる
既存の防水にかぶせる事で2重に防水出来る事になるので、防水力が格段に高くなります。
既存防水層の機能と新規防水層の機能とのWの防水パワーにより、
水漏れしにくい屋上防水にする事が出来ます。
さらに、雨漏りに強い建物にする事が出来ます。
屋上からの雨漏りが予想される建物には、かぶせ工法で行う場合が多いです。

・施工中の漏水を防ぐ事が出来る
リフォームの際、既存の防水層を剥がすと建物を漏水させてしまう事があります。
その為に天気予報に気を付けて施工を行いますが、
どうしても雨に当たってしまう事があり、それが大きな難点です。
かぶせ工法は既存防水の上から新規防水工事を行うので、
工事中の建物への漏水の危険がほぼありません。

逆に、はがさない事で起きてしまうデメリットはこれらが挙げられます。

・既存防水層の細かい点検をしなければならない
新規防水層を上からかぶせるので、
下地の既存防水層に不具合があると後々厄介な事となってしまいます。
そうならないように、新規防水層を施工する前に
既存防水層の劣化状態を細かくチェックしなければいけません。
少し手間がかかり、厄介です。

・次回の防水改修の際は全て撤去しなければいけない
防水は何度も重ねる事が出来ないので、
次の防水工事の際は2層とも全て綺麗にしなければなりません。
防水層が3つ重なると大きな重量が建物にのしかかる関係上、
次回は必ずすべてはがさなければいけません。

・屋上に重さが大きくかかる
2つ分の防水の重さがのしかかるので、
建物に大きな重さがのしかかってしまいます。
建物が頑丈なのであれば問題ありませんが、
少しでも不具合が出ている弱い建物の場合は、かぶせ工法は不向きです。

このように、デメリットもありますがメリットも大きい屋上防水のかぶせ工法は、
屋根のかぶせ工法や外壁のかぶせ工法と同様、とても多く支持されてきた工法です。
かぶせ工法を行う理由は、コストや資源の問題もありますが、
かぶせる事で建物を丈夫にする理由も大きくあります。
しかし、建物の状態により適さない場合もありますので、
慎重に決断をしなければいけません。

かぶせ工法を行ってみたいお宅は、まずは既存防水層の状態を細かく確認してもらい、
可能な場合は行ってもらうようにしましょう。
その為には、屋上防水に詳しい防水屋さんに依頼しましょう。

地盤下に発生する水

地盤下に発生する水

地盤下に発生する水・・・怖いですね。
ホラー映画に出てきそうなタイトルですが(笑)今回はちゃんとした話です。

地下水や地上で降った雨水が地面に浸透する事で、地盤下から建物に影響を与えてしまうようです。
基礎やスラブ、地下室、土間、エレベーターピット等からの発生が多いようです。

建物の地盤より上の水漏ればかりに目を向けてしまいますが、
地盤下にも建物に影響を与える厄介な水ですね。
地盤下に発生する水なんか気にならないと思われる方もいるようですが、
地下に水が発生してしまう事で地盤下から建物に対して湿気の影響を与えてしまいます。
湿気が発生する事でカビて劣化してしまい、構造体の劣化を促してしまいます。
大引きや根太、大引きなど地盤に近い構造体へ水分の影響を与えてしまい、もろい建物へと変化させてしまいます。

これは本当に怖いですね。
知らないうちに建物がもろくなってしまうとは。
何とかできないか、調べてみました。

地下水位が高い場所の場合は、地下水の影響を建物に当ててしまうと想定し、
土間やスラブ、地下室に防水施工を施すと良いようです。
水が上がってこないように、止水板や防水モルタル、塗膜防水等を施して
水の影響を建物に与えないようにするようです。
地盤を掘ったり基礎の補修など大掛かりな状態になってしまいますが、
床を通じて床上にまで水の影響を与えてしまいますので、行わなければいけない補修となります。
通常の場合、水位が高い場所だと先に認識し、基礎工事の際に防水施工を行う事が一般的となります。
しかし、慣れていない業者の場合は通常通りの基礎工事としてしまいますので、
防水対策がおろそかになってしまう事があります。

水の建物への侵入は、放っておくと大変大きな影響を与えてしまいます。
我が家もそうでした。
しまいには、建物の構造に致命的な影響も与えかねないので、
想像以上に大変な事と受け止めて適切な対処を取るようにしましょう。
被害が起きてからの防水対処というのは簡単そうで難しい事ですので、
建築や防水に詳しい業者に施工をお願いしましょう。
慌てているからと言って、間違っても訪問業者のような
どこの業者かわからないような業者に依頼して失敗しないようにしてくださいね。

ちょっと休憩

ちょっと休憩

最近は我が家の工事の時に調べて知ったことや、
業者さんとお話しして知ったことをまとめていますが、
少しでもだれかのお役にたててるでしょうか。

先日もまた弾丸出張があり、今日は久々の有給休暇をもらいました。
以前は工事のことばかり考えていて、休みの日や仕事が終わった後も
頭を悩ませていました。
今は工事も終わり、すっきりとした気持ちで自分の時間を楽しむことができます。
モヤモヤと悩んでいる、前の自分の様な人にも早くすっきりしてほしいですね。

さてさて、前の工事の時の掃除やら色々手伝ってくれたKを久々に
お招きして食事会をします。
Kもなかななか忙しくてあの時以来我が家に来ていなかったので、
募る話でもしようかと楽しみにしています。
今日はKを迎える準備もあるので、工事の話は休憩させてもらいますね。
では、楽しんできます!

漏水原因のポイント

漏水原因のポイント

雨漏りが発生した場合、いくつかの漏水原因のポイントを頭に入れて対応しましょう。
我が家の時は、何もわからず一から調べて右往左往してしまいました。
少しでも誰かの役に立てればいいですね。

・天井若しくは天井付近から雨漏り
屋根自体が劣化している、屋上防水が劣化している、
バルコニーやベランダの防水が劣化している、軒天からの雨水の浸入等の原因が考えられるようです。

・壁若しくは窓廻りから雨漏り
外壁にクラックが生じるなどの不具合が発生している、外壁コーキングが劣化している、
軒天からの雨水の浸入等の原因が考えられます。

・床付近から雨漏り
外壁のクラックやコーキングの劣化、大雨により土台付近から雨漏りが発生している等の現認が考えられます。

雨漏りが起きている部位により、原因となる要素は変わります。
屋根なら小屋裏にて確認し、壁廻りでしたら壁を内側から解体すると
雨水の進路がわかり対処しやすいようですよ。

我が家は屋根自体の劣化が原因でした。
屋根は治りましたが、次にくるであろう雨の侵入は
早めに阻止したいと思っています!

建物に重篤な被害を与える3つの水の被害

3つの水の被害

建物に影響を与える重要な防水は、3つの部位があります。
防水といえば屋根からの防水ばかり考えてしまう方もいると思いますが、
水の被害というのは建物の四方様々な部分から影響を与えるようです。

まずは、建物に影響を与える3つの部位の防水すべき部分の中から、
2つをピックアップしてみました。

・建物の上部から発生する水

雨や雪など建物の上部から発生する水は、建物に直接的な被害を与えてしまいます。
屋根や屋上、ベランダ、バルコニー、外廊下等があります。

・建物の横から影響を与える水

雨や雪に風が付く事で、建物に直接的な被害を与えてしまいます。
外壁や窓廻り、軒天、基礎などがあります。

建物の上部や横から影響を与える水は、建物に雨漏りとして影響を与えてしまいます。
雨漏りといえば建物上部からの影響を最初に考える人も多いですが、
建物の横からも雨漏りの原因となる水の侵入があり、
多くの雨漏りの原因は上部からの影響ではなく建物の横からの影響が多いみたいですね。
雨漏りが気になったら、屋根の不具合と一緒に外壁からの不具合も一緒に点検した方が良いですね。

我が家の屋根もしかり、水が発生するところは沢山あるので要注意ですね。