実験当日、図らずも小雨が降っていました。
レインコートを着て、ホースで屋根に水を撒いているおっさん…。
周囲の人からはどう見えたでしょうか。
まぁ、実験には好都合の条件だったかもしれません。

嫁には、Kが言っていた場所
つまり「トップライトをぐるりと取り囲んでいる隙間」を特に見ておくように指示しました。
水が漏れて来たら、動画を撮っておくようにビデオカメラも待機させました。

瓦下の防水シート劣化の疑いは、
どのみち自分では何ともしがたいことは
この時点でうすうす感じ始めていましたので、まずはトップライト近辺です。

雨の中、2か所あるトップライト周辺に重点的に水を撒き始めてから2時間、
「お父さーん、出たよ!出た!」と嫁の叫ぶ声。
やはり、息子1号の部屋のトップライト下辺周囲に水のシミが出始めたようです。
壁紙が白っぽいので今まで気づかなかっただけかもしれません。
決定的な画像を取るべく、更に1時間放水を続けました。
(水道代どれだけになってるんだ…)

息子1号・2号は、2号の部屋のトップライト近辺を観察させていたのですが、
途中で飽きてしまったらしく遊び始めてました。
嫁が「そっちはどう?」と声をかけると、自分たちの仕事を思い出したらしく
やっと持ち場に戻るありさま。
でも、とりあえず息子2号の部屋はその時点で問題はなさそうでした。

瓦下の防水シートはいずれ業者に頼むとして、
やはりトップライト周りはどうにかしなくては…。
かくして、私のDIY手法の検討が始まったのでした。