工事の終了まで2週間かかりませんでした。
実質12日ですね。
それまでは、細かに電話連絡をくれましたし、
一度見に行った場所での対応も気持ちの良いものでしたので安心してお任せできました。

あー、早く家に帰りたい。
(嫁の実家が居心地悪いとかではないです…念のため)

明後日の土曜に、まずは工事後の大掃除、子どもの荷物を2階に上げなくてはなりません。
快適な我が家の生活に戻れるのかと思うと、気持ちが沸き立ちます。

土曜当日、
2階に上がりましたところ、やっぱり埃っぽくなってました。
想像していたよりは遥かにいいですが、
何せぜんそく持ちの息子二人ですから、避難しておいてよかったと思います。
嫁も洗濯モノが干せなかったでしょうし、
いくら屋根のこととはいえ、敷地に人がいるだけで気になったでしょうから…。

掃除機、雑巾がけをし、手伝いに来てくれた友人Kと再度荷物をリビングからあげます。
…腰に来ました…。
そもそも肉体労働派のKは、事もなげに黙々と作業をしていましたが、
私は筋金入りのデスクワーカーですから…筋肉痛もあさってあたりに来るのでしょう。

荷物を戻したところで、
リビングで使っていた空気清浄器を2階に上げ、半日おきに交代で使うよう息子に指示。
工事も終わってしまいましたし、あまり神経質になってもアレですので…。
どうしても寝るときに気になるようなら、
空気清浄器を置いてある部屋で一緒に寝ようと二人で相談していました。
そうそう、自分たちのことは自分たちで考えようね。

早く片付けてしまいたかったので、夜明けの頃には掃除を始めてましたから
まだゆっくり屋根を見てはいません。
かなり雰囲気が変わっちゃっただろうな…。
そこらへんは、後日ゆっくりと楽しむことにします。

その晩は、約束通り、Kに肉と酒をたらふくお召し上がりいただき(笑)
1泊していってもらいました。
リビングに布団直敷きなんて、背中や腰が痛かったんじゃないかな…。
ありがとな、K。