原因がわかりにくい場合の対処法を見つけました。
早く原因がわかるとそれだけでホッとしますよね。

・屋根や屋上防水、バルコニー防水からの雨漏りの場合

屋根や防水の施工し直しをすると、雨漏りを抑える事が出来ます。

・外壁からの雨漏りの場合

外壁全体を弾性塗料や防水塗料でグルッと囲うように塗装をすると、雨漏りを抑える事が出来ます。
軒天が原因の場合は強風による雨水の吹き込みが主な原因で、
有孔板の平板への取り換えや水が逆流しにくい換気口の取り付けなど対応すると良いようです。

外壁からの雨漏りは盲点でしたので、我が家でもそろそろ気を付けなくてはいけませんね。
屋根の時には雨漏りしてから少し経ってからでしたので、被害も広がっていました。
次の時にはすぐに対処したいですね。