建坪は約28坪。総2階。
最悪、野地板というのでしょうか、屋根の下地もダメになっていることを想定して
比較的安価な瓦で、30年保証の屋根材を使ってもらうことで約100万円。
(これはトップライトなしにして全部やりかえた時)
トップライトをあきらめきれないときは、一つにつき15万~での取り換えとのことでした。
実際に瓦を全部剥いでみて、どこまで傷んでいるかにより変動はあるというものの、
やっぱり、150万円コースですね。

一番安心できた会社さんの見積もり方法なので、これにケチをつける気はありません。
九州男児たるもの、信じた人はとことん信じるのだ!

さて、トップライトですが、息子二人に聞きました。
「なぁ、窓、どうする?」
どうもこの日までに二人で相談していたらしく
「もういらない」とのことでした。
今度のことでいろいろと考えたようでした。

気に入ったものが自分たちの生活に及ぼす影響のようなもの、
つまり、「リスクとリターン」のようなものを子どもなりに考えていたようでした。
これまで、食事の時などに夫婦で話していたことも
何となく聞いていたのでしょう。
「あの窓も気に入って買ったポイントだったけど、こんなことになるとはね」
そういう会話を何度となくしていたので…。

だったら、せめて屋根の色だけでも自分たちで選びたいと業者さんに伝えると
その問いを想定していたかのようにカタログを持ってきてくれてました。
「今回の見積もりの金額で抑えるなら、ここからここまでのページから選んでください」と
ご丁寧に付箋紙を打ってくれました。

トップライトを含む、最後の返答は1週間後に出すとこちらから約束をすると、
業者さんは帰っていきました。