今回、我が家での工事の時に色々と勉強をしました。
知っているか知っていないかでは大きな差が生まれることもわかりました。
これからは、我が家の工事とは関係ありませんが、
勉強してわかったことを少しずつ書き留めていきたいと思います。

屋根の防水や、屋上防水・ベランダ防水など、防水工事の補修工事を行う際に
検討する工事内容の決定要素は、どのような観点から決定すべきだと思いますか。

防水工事の補修は、ただ防水部分を補修したりやり直せば良いだけではありません。
スムーズな防水工事の補修の為には、様々な要点に
目を向けなくては万度な防水層を作る事は出来ません。
防水工事の補修というのは、既存の防水状態や工法、
環境などにより考え方が大きく変わり、費用にも大きな差が出ます。
これらの4つのポイントに目を向けて、防水工事を行うべきです。

① 既存下地の状態
② 部分補修なのか全面防水し直しなのか
③ どの防水の種類にするか
④ 防水工事場所の環境

それぞれのポイントについては後程詳しくお話しします。