無事、仮住まいを確保できた後に工事はスタートを切りました。
工事の前には、嫁に言ってご近所さんに挨拶させておきました。
業者さんもすでに挨拶してくれていたようです。

家が気になる…。
ですが、ウィークデーには当然見に行くことはできません。
(できたとしても夜通るだけですが)

どうなっているか不安だな…と思っていた矢先に
早朝出→深夜帰宅の弾丸出張が1本入りました。
家の事情も知っている上司が
「翌日は休め、残業分も合わせて休みに変更していいなら家を見てこい」と言ってくれました。
(その分残業代は差し引かれるわけですが、心理的には助かります)

ちょうど、出張は金曜。
よって、土曜と日曜の連休になります。
工事のちょうど真ん中に当たりますから、これはありがたい。

…と思いましたが、私、翌日は出勤することにしました。
というのも、その分を仮住まいから戻る日のために充てたかったからです。
そのお願いはすんなり通りましたので、これまたありがたいことです。
友人Kに手伝ってもらい、子どもの荷物を上にあげた後
焼肉で酒を飲ませる約束になってますから。
2週間後の土曜の夜までに片付けばいいのですが…。

出張後の土曜は出勤し、あくる日曜。
嫁と子どもたちを連れて、懐かしの我が家へ。
たった1週間離れているだけで、こんな気分になるのですね。
侮っていました、マイホーム。

現場では、職人さんたちがきびきびと働いていました。
「日曜なのに、お仕事なんですね」とちょうど足場から降りてきた人に声をかけました。
「例の台風の後仕事が立て込んでてね。
でも、大丈夫だよ、交代で休みとってるから。
問い合わせもかなり落ち着いてきたからもう平気」とさわやかに言ってくださいました。

それまでも、細かいことは電話をしてくれていまして、
この際悪いところは徹底的に直して(例の最悪のケース)ということで話ができていましたし、
あまり不安はありませんでしたが、
やはり対面して現場を前に会話ができるのは安心です。
細かな質問にも、いやな顔をせずに答えてもらえたので満足です。

いい日曜日でした。