屋上には、様々な形状や環境があります。
屋上防水に多くの種類がある理由は、形状や環境により適した工法が必用だからです。
また、屋上を歩行するのか否かによっても、選ぶ防水工法が変わります。
その為に、様々な種類があり対応させるのです。
長期間雨漏り等で建物に漏水を与えないよう、適した工法で漏水しない屋上を作ります。

最近採用されるようになった屋上リフォームの際の工法は、かぶせ工法です。
かぶせ工法とは、既存の防水を剥がさずにその上から新しい防水層を施工する工法です。
別名、オーバーレイ工法ともいいます。
既存の防水の上から施工となると、本当に問題はないのか気になる方も多いと思います。
防水の場合は、剥がさずにその上から張る事で様々なメリットがあります。

かぶせ工法使う事が出来る防水工法は、以下が挙げられます。

・ウレタン防水
・FRP工法
・塩ビシート工法
・トーチ工法

等が、あります。

かぶせ工法の特徴は、これらが挙げられます。

・工期短縮とコスト削減
かぶせ工法の最大のメリットは、工期短縮とコスト削減です。
剥がす手間が無いので、その分削減となります。
その為、外壁のサイディングや屋根のかぶせ工法と同様、
リフォームに使われる事が大変増えました。

・防水力が高くなる
既存の防水にかぶせる事で2重に防水出来る事になるので、防水力が格段に高くなります。
既存防水層の機能と新規防水層の機能とのWの防水パワーにより、
水漏れしにくい屋上防水にする事が出来ます。
さらに、雨漏りに強い建物にする事が出来ます。
屋上からの雨漏りが予想される建物には、かぶせ工法で行う場合が多いです。

・施工中の漏水を防ぐ事が出来る
リフォームの際、既存の防水層を剥がすと建物を漏水させてしまう事があります。
その為に天気予報に気を付けて施工を行いますが、
どうしても雨に当たってしまう事があり、それが大きな難点です。
かぶせ工法は既存防水の上から新規防水工事を行うので、
工事中の建物への漏水の危険がほぼありません。

逆に、はがさない事で起きてしまうデメリットはこれらが挙げられます。

・既存防水層の細かい点検をしなければならない
新規防水層を上からかぶせるので、
下地の既存防水層に不具合があると後々厄介な事となってしまいます。
そうならないように、新規防水層を施工する前に
既存防水層の劣化状態を細かくチェックしなければいけません。
少し手間がかかり、厄介です。

・次回の防水改修の際は全て撤去しなければいけない
防水は何度も重ねる事が出来ないので、
次の防水工事の際は2層とも全て綺麗にしなければなりません。
防水層が3つ重なると大きな重量が建物にのしかかる関係上、
次回は必ずすべてはがさなければいけません。

・屋上に重さが大きくかかる
2つ分の防水の重さがのしかかるので、
建物に大きな重さがのしかかってしまいます。
建物が頑丈なのであれば問題ありませんが、
少しでも不具合が出ている弱い建物の場合は、かぶせ工法は不向きです。

このように、デメリットもありますがメリットも大きい屋上防水のかぶせ工法は、
屋根のかぶせ工法や外壁のかぶせ工法と同様、とても多く支持されてきた工法です。
かぶせ工法を行う理由は、コストや資源の問題もありますが、
かぶせる事で建物を丈夫にする理由も大きくあります。
しかし、建物の状態により適さない場合もありますので、
慎重に決断をしなければいけません。

かぶせ工法を行ってみたいお宅は、まずは既存防水層の状態を細かく確認してもらい、
可能な場合は行ってもらうようにしましょう。
その為には、屋上防水に詳しい防水屋さんに依頼しましょう。