そうだ!
リフォーム業者じゃなくて、地元の工務店とか、直接防水工事の会社とかに掛け合ってもいいんじゃないか!
そう思いついた私は、
思わず、黄色の厚い本―タウンページを持ち出そうと…あれ、ありません。
そうか、マイラインで確かKDDIに変えてしまったんだった…届かないはずです。
年齢が分かってしまいますね。
仕方ないので、ネットで検索。

「工務店」「防水工事」思いつくままに電話をしましたが、
めぼしいところはやはり同じ状況でした。
仕方ないですね。
竜巻なんかで、エリアをまたいででも仕事が入ってきているとも聞きましたから…。
これは仕方ないと、自分に言い聞かせました。

仕事をしていても気になるのです。
自分の家がどうなるのか―。
次の休みまでに雨が降らなきゃいいな、しっかり乾燥もしてくれればいいな、と。
仕事の合間を見ては、めぼしい業者に電話を掛けたりしてましたから。
やっぱり、自分の財産である家というのは、やっぱりかわいいものです。
わが子の次に。(嫁よ、もちろんお前が一番だよ)

いずれこの「補修の嵐」は去るでしょうから、
それまでに自分でできることを本気で考えなくてはなりません。