当然家族会議ではもめました。
なぜって、「愛されポイント」だったトップライトが原因(とまではいわなくても)で
今回の雨漏りが発生したのですから…。

いかに工事費を安く抑えるか、
今後のことを考えたらトップライトは塞いでしまうのが良いのではないか、
費用はどうするのか、
とりあえずの工事で今回はしのげないのか…。

息子二人は、トップライトにとても固執していました。
それは当然でしょう。
150万円という金額の重みがわかっていないのです。
かくいう私もそうでしたから。
車1台買うのがどれだけのことなのかは、
自分で働き始め、ローンを組んでわかったことです。

嫁はというと…「いいんじゃない、塞いじゃっても」とのこと。
今後のことを考えると、もう「かわいい♪」なんて言っていられれないことがわかっています。
(ここで嫁が固執するとさらに会議は紛糾したでしょう)

そこで、何か方法がないか考えてみました。

・そもそもの施工が甘いとの指摘がありましたので、建てた会社に一部持ってもらえないか
・第三者的に見てくれるところはないか(セカンド・オピニオンのような)

確かに、住み始めて7年、(聞かされた築年数にこれを足すと)築25年となりますから、
そろそろこういうトラブルは起きてもおかしくはないタイミングです。
ですが、「施工が良くなかったのでは」と聞かされてしまうと、ちょっと悔しさがあるのも事実。

まずは、この手の診断を標榜している建築士さんへの相談を考えてみました。
ちょうどいいことに、隣県にそういうHPを発見しましたので、まずはメールです。
こちらの現状をことこまかくメールで説明した上で、一度電話を、とのことになりました。
指定された時間に電話を掛けると…。
「残念ですが、今回はお役に立てそうにありません」とのこと。
このようなサービスは、中古住宅を購入する時に相談するようなもののようです。

もしも、中古住宅の購入を考えている方がおられましたら、
まずは相談されてみてはどうかなと思った次第です。
家を買ってからでは遅いこともありますから…。