一般人に把握してほしい手抜きのポイントその5です。

・工事の際にはしごで行き来する

屋上防水の際は屋上に上り工事を行うのですが、その際の昇降をはしごで行う業者がいます。
はしごは仮設費用もお安いのでお得と思うお客様もいるようですが、
はしごのような危ない昇降設備を採用しようと思う業者は、
残念ながら工事の知識が乏しい業者でしょう。
仮設にお金を掛けないのが良いではなく、必要最低限な仮設を掛ける事で良い仕事をへとつなげるのです。
屋上までの昇降設備は、枠組み足場を使用します。
2コマ程屋上の高さまで設立し、階段足場を設置する事で安全に行き来する事が出来ます。
屋上防水には枠組み足場なんて要らないなんていう業者もいるようですが、
必要な昇降設備であり、枠組み足場を採用する業者は防水工事慣れしている優秀な業者です。

安全対策も怠らないのが優良業者ですね。
足場代が安くなると思うと、心も揺れますが、
事故が起こってからでは遅いですので、
ここはしっかりと押さえておきたいポイントです。