防水工事補修計画の際に目を向けなくてはいけないポイントの3つ目です。

・どの防水の種類にするか

防水工事には、いくつかの種類があります。
既存の防水層と同じ種類の防水にしなければ
いけない訳ではなく、お好きな防水の種類に選ぶ事が可能です。
1番適した防水層というのは、軽くて長持ちする防水層です。
建物の上部を軽くする事で耐震性を上げる事が出来、
長持ちさせる事で丈夫な建物へと導く事が出来ます。
どの防水層が1番建物に適しているのか、
きちんと検討した上で決定するようにしましょう。
防水の種類により、工事金額にも大きな差が出ます。
防水の選び方はとても難しいので、業者と相談をして
適切な防水工法に決定しましょう。

これも大変迷うポイントの一つです。
防水の種類なんて聞いても全く分からなかったので、
色々と調べてメリット・デメリットを良く知ることが近道です。
これもやはり業者さんとよく相談することをオススメします。