防水工事補修計画の際に目を向けなくてはいけないポイントの2つめです。

・部分補修なのか全面防水し直しなのか

軽微な防水の劣化であれば、劣化した部分の部分的な補修でOKです。
しかし、劣化した部分の箇所数が多い場合は、
全て防水工事をやり直した方が防水効果を高める事が出来ます。
この場合は、業者に防水状態を点検してもらい、
適した方法を採用するようにしましょう。
補修費用を安く済ませようとすると、せっかくの防水補修を
行ってもすぐに雨漏りしてしまう事があります。
数か所の補修なら部分補修でもOKですが、
明らかに補修箇所が多い場合は防水工事を全てやり直しましょう。
部分補修で補修費用を節約しても、すぐに劣化してしまう事で
膨大な補修費用が掛かってしまう事はよくある事です。

この部分補修か、全面をやるのかも悩みどころです。
お金がかかることでもありますし、出来るなら部分補修でと考えるのが人情です。
しかし、今回我が家の工事をやってみて、感じたのは、
「今」だけではなく長いスパンで考ることが大切、という事です。
どうするか迷ったら専門の業者さんに色々聞いてみると良いですね。