雨漏りが!修理せよ!

マイホームの屋根から雨漏りが…。修理しよう!

防水工事の見積もりの勧め

そうこうしているうちに3週間ほど経ってしまいました。
小雨程度の雨は降りましたが、なんとかブルーシートでしのげています。

この頃にはなんとかリフォーム会社との連絡も取れるようになり、
実際に見に来てくれる会社も出てきました。
4社に来てもらったのかな…。
実際の対応は嫁がしたので、どこをどう見てくれたのかもよくわかりませんが、
出てきた見積もりがえらく差があるのです。

内容は「防水工事」や「瓦屋根の改修」など、大差はないように思いました。
ただ…。

「どこがどう悪くて、どのように手直しするからこの金額になります」
そのようなメモを残してくれている会社は1社もありませんでした。
中には「一式」でひとくくりの金額になっていることすらあり
何ともやりきれない気分でした。
どんな防水工事の工法が使われるのかなど、一切記載がありません。

一番高いところと一番安いところとの差は、なんと32万円。

嫁に聞きました。
「この一番高いところ、どんな人が来た?」と。
嫁はこう答えました。
「んー、確かなんだかすごく若くて、大丈夫かなぁこの人って感じの人」
その会社が出してきたのが、この「一式」の見積もりだったそうです。

人手が足りないのはわかりますが、ろくすっぽ説明もなかったそうです。
どうせわかんないだろう、と主婦をけむに巻くつもりだったのでしょうか。
お年寄りをだますリフォーム業者がよくニュースで取り上げられたりしますが、
これもこういった類のものなのかもしれません。

金額はもちろんのこと、
この「一式」に不安感を感じた私は、この会社の見積書を検討から外すことにしました。
確かに、「どこが悪くてどう直します」と聞いておけと嫁にいわなかった私も悪いのですが、
まさかこんな大雑把すぎるものが上がってくるとも思っていなかったので
これはもう、どうもならない会社だな、という判断です。

「この会社から電話がかかってきても、主人に聞いてますからまだ決めてません」
で押し通せ、とだけ嫁に言っておきました。
でも、こんなのでも、早く直したい一念でハンコを押しちゃう人もいるんだろうなと思うと
これもまた、何ともやりきれない気持ちになりました。

追記します。

「一括見積りサイト」をご存知でしょうか。
車とか、保険とか、そういうものであれば
目にした機会も多いことと思います。

私が紹介したいのは、防水工事の一括見積りサイトです。
私が探した中で、唯一の社団法人でしたのでご紹介します。

自分で業者を探したり、地元の工務店さんに声をかけたりしましたが
防水の専門業者を紹介してくれるサイトです。

また、協会の方で、業者の独自の審査をされているようですので
「一式」だけの見積もりをだすような会社は紹介されないようです。

ただ、屋根は屋根でも、「陸屋根」や「屋上」の一括見積りサイトでしたので
瓦屋根の方は、別のサイトの一括見積りサイトを探してみてください。

地盤下に発生する水

地盤下に発生する水・・・怖いですね。
ホラー映画に出てきそうなタイトルですが(笑)今回はちゃんとした話です。

地下水や地上で降った雨水が地面に浸透する事で、地盤下から建物に影響を与えてしまうようです。
基礎やスラブ、地下室、土間、エレベーターピット等からの発生が多いようです。

建物の地盤より上の水漏ればかりに目を向けてしまいますが、
地盤下にも建物に影響を与える厄介な水ですね。
地盤下に発生する水なんか気にならないと思われる方もいるようですが、
地下に水が発生してしまう事で地盤下から建物に対して湿気の影響を与えてしまいます。
湿気が発生する事でカビて劣化してしまい、構造体の劣化を促してしまいます。
大引きや根太、大引きなど地盤に近い構造体へ水分の影響を与えてしまい、もろい建物へと変化させてしまいます。

これは本当に怖いですね。
知らないうちに建物がもろくなってしまうとは。
何とかできないか、調べてみました。

地下水位が高い場所の場合は、地下水の影響を建物に当ててしまうと想定し、
土間やスラブ、地下室に防水施工を施すと良いようです。
水が上がってこないように、止水板や防水モルタル、塗膜防水等を施して
水の影響を建物に与えないようにするようです。
地盤を掘ったり基礎の補修など大掛かりな状態になってしまいますが、
床を通じて床上にまで水の影響を与えてしまいますので、行わなければいけない補修となります。
通常の場合、水位が高い場所だと先に認識し、基礎工事の際に防水施工を行う事が一般的となります。
しかし、慣れていない業者の場合は通常通りの基礎工事としてしまいますので、
防水対策がおろそかになってしまう事があります。

水の建物への侵入は、放っておくと大変大きな影響を与えてしまいます。
我が家もそうでした。
しまいには、建物の構造に致命的な影響も与えかねないので、
想像以上に大変な事と受け止めて適切な対処を取るようにしましょう。
被害が起きてからの防水対処というのは簡単そうで難しい事ですので、
建築や防水に詳しい業者に施工をお願いしましょう。
慌てているからと言って、間違っても訪問業者のような
どこの業者かわからないような業者に依頼して失敗しないようにしてくださいね。

ちょっと休憩

最近は我が家の工事の時に調べて知ったことや、
業者さんとお話しして知ったことをまとめていますが、
少しでもだれかのお役にたててるでしょうか。

先日もまた弾丸出張があり、今日は久々の有給休暇をもらいました。
以前は工事のことばかり考えていて、休みの日や仕事が終わった後も
頭を悩ませていました。
今は工事も終わり、すっきりとした気持ちで自分の時間を楽しむことができます。
モヤモヤと悩んでいる、前の自分の様な人にも早くすっきりしてほしいですね。

さてさて、前の工事の時の掃除やら色々手伝ってくれたKを久々に
お招きして食事会をします。
Kもなかななか忙しくてあの時以来我が家に来ていなかったので、
募る話でもしようかと楽しみにしています。
今日はKを迎える準備もあるので、工事の話は休憩させてもらいますね。
では、楽しんできます!

漏水原因のポイント

雨漏りが発生した場合、いくつかの漏水原因のポイントを頭に入れて対応しましょう。
我が家の時は、何もわからず一から調べて右往左往してしまいました。
少しでも誰かの役に立てればいいですね。

・天井若しくは天井付近から雨漏り
屋根自体が劣化している、屋上防水が劣化している、
バルコニーやベランダの防水が劣化している、軒天からの雨水の浸入等の原因が考えられるようです。

・壁若しくは窓廻りから雨漏り
外壁にクラックが生じるなどの不具合が発生している、外壁コーキングが劣化している、
軒天からの雨水の浸入等の原因が考えられます。

・床付近から雨漏り
外壁のクラックやコーキングの劣化、大雨により土台付近から雨漏りが発生している等の現認が考えられます。

雨漏りが起きている部位により、原因となる要素は変わります。
屋根なら小屋裏にて確認し、壁廻りでしたら壁を内側から解体すると
雨水の進路がわかり対処しやすいようですよ。

我が家は屋根自体の劣化が原因でした。
屋根は治りましたが、次にくるであろう雨の侵入は
早めに阻止したいと思っています!

建物に重篤な被害を与える3つの水の被害

建物に影響を与える重要な防水は、3つの部位があります。
防水といえば屋根からの防水ばかり考えてしまう方もいると思いますが、
水の被害というのは建物の四方様々な部分から影響を与えるようです。

まずは、建物に影響を与える3つの部位の防水すべき部分の中から、
2つをピックアップしてみました。

・建物の上部から発生する水

雨や雪など建物の上部から発生する水は、建物に直接的な被害を与えてしまいます。
屋根や屋上、ベランダ、バルコニー、外廊下等があります。

・建物の横から影響を与える水

雨や雪に風が付く事で、建物に直接的な被害を与えてしまいます。
外壁や窓廻り、軒天、基礎などがあります。

建物の上部や横から影響を与える水は、建物に雨漏りとして影響を与えてしまいます。
雨漏りといえば建物上部からの影響を最初に考える人も多いですが、
建物の横からも雨漏りの原因となる水の侵入があり、
多くの雨漏りの原因は上部からの影響ではなく建物の横からの影響が多いみたいですね。
雨漏りが気になったら、屋根の不具合と一緒に外壁からの不具合も一緒に点検した方が良いですね。

我が家の屋根もしかり、水が発生するところは沢山あるので要注意ですね。

⑦ 追加の工事費用をいきなり請求してくる

一般人に把握してほしい手抜きのポイントその7です。
手抜きポイントもいよいよ最後ですね。

・追加の工事費用をいきなり請求してくる

屋根や防水工事の場合、追加がある場合は金額が大きくかさむ恐れがあります。
事前に金額の提示をし納得した上で追加工事を行う事が鉄則となります。
追加工事に追加費用が掛かるかの説明も事前にせずに、
工事が全て終わった後にいきなり高額な追加を請求してくる
常識外れの業者は、良い仕事は絶対にしません。
お金に対してもルーズですので、工事に関して詳しく腕が良いとは到底思えません。

急に高額な請求が来たら怖いですよね。
工事前にしっかりと見積もりを確認しておかないと、
後々、こんなことになるかもしれませんね。

手抜き工事を防ぐ為には、防水工事の際の業者選びは慎重にならなくてはダメですね。
相手の言いなりになって安易に契約してしまうのではなく、
自分の目と耳でしっかり確認し、信用できる業者の工事を依頼しましょう。