雨漏りが!修理せよ!

マイホームの屋根から雨漏りが…。修理しよう!

防水工事の見積もりの勧め

そうこうしているうちに3週間ほど経ってしまいました。
小雨程度の雨は降りましたが、なんとかブルーシートでしのげています。

この頃にはなんとかリフォーム会社との連絡も取れるようになり、
実際に見に来てくれる会社も出てきました。
4社に来てもらったのかな…。
実際の対応は嫁がしたので、どこをどう見てくれたのかもよくわかりませんが、
出てきた見積もりがえらく差があるのです。

内容は「防水工事」や「瓦屋根の改修」など、大差はないように思いました。
ただ…。

「どこがどう悪くて、どのように手直しするからこの金額になります」
そのようなメモを残してくれている会社は1社もありませんでした。
中には「一式」でひとくくりの金額になっていることすらあり
何ともやりきれない気分でした。
どんな防水工事の工法が使われるのかなど、一切記載がありません。

一番高いところと一番安いところとの差は、なんと32万円。

嫁に聞きました。
「この一番高いところ、どんな人が来た?」と。
嫁はこう答えました。
「んー、確かなんだかすごく若くて、大丈夫かなぁこの人って感じの人」
その会社が出してきたのが、この「一式」の見積もりだったそうです。

人手が足りないのはわかりますが、ろくすっぽ説明もなかったそうです。
どうせわかんないだろう、と主婦をけむに巻くつもりだったのでしょうか。
お年寄りをだますリフォーム業者がよくニュースで取り上げられたりしますが、
これもこういった類のものなのかもしれません。

金額はもちろんのこと、
この「一式」に不安感を感じた私は、この会社の見積書を検討から外すことにしました。
確かに、「どこが悪くてどう直します」と聞いておけと嫁にいわなかった私も悪いのですが、
まさかこんな大雑把すぎるものが上がってくるとも思っていなかったので
これはもう、どうもならない会社だな、という判断です。

「この会社から電話がかかってきても、主人に聞いてますからまだ決めてません」
で押し通せ、とだけ嫁に言っておきました。
でも、こんなのでも、早く直したい一念でハンコを押しちゃう人もいるんだろうなと思うと
これもまた、何ともやりきれない気持ちになりました。

追記します。

「一括見積りサイト」をご存知でしょうか。
車とか、保険とか、そういうものであれば
目にした機会も多いことと思います。

私が紹介したいのは、防水工事の一括見積りサイトです。
私が探した中で、唯一の社団法人でしたのでご紹介します。

自分で業者を探したり、地元の工務店さんに声をかけたりしましたが
防水の専門業者を紹介してくれるサイトです。

また、協会の方で、業者の独自の審査をされているようですので
「一式」だけの見積もりをだすような会社は紹介されないようです。

ただ、屋根は屋根でも、「陸屋根」や「屋上」の一括見積りサイトでしたので
瓦屋根の方は、別のサイトの一括見積りサイトを探してみてください。

④ 信頼できる地元の業者に依頼する

一般人に把握してほしい手抜きのポイントその4です。

・信頼できる地元の業者に依頼する

訪問販売で屋根や、防水工事を促される事がありますが、
特に、防水工事特殊な工事ですので訪問販売のような
信用できるのかどうかわからない業者には、依頼してはいけません。
信頼できる地元の業者に依頼する事で、手抜きの無い防水工事にする事が出来ます。
信頼できる地元の業者がわからない場合は、知り合いなどに評判を聞いて決めると良いでしょう。

前回も書きましたが、やはり、信頼できる業者さんにお願いするのが一番ですね。
屋根や屋上防水だけではなく、外壁塗装などの訪問販売も多いようです。
見積もりを取るのは良いですが、他の業者さんともよく比較してから決めましょう。

③ 下地の補修を綺麗に丁寧に行っているか

一般人に把握してほしい手抜きのポイントその3です。

・下地の補修を綺麗に丁寧に行っているか

屋根や屋上防水を行う際には、防水層自体の精度だけが必要ではないみたいですね。
下地の素地の状態が万全じゃなければ工事も上手くいかないでしょう。
完全な屋上防水とする為には、下地のクラック等の補修が大事。
コンクリート下地等の補修は想像以上に難しく、
慣れた業者さんじゃないと適切な方法で補修が出来ないようです。

クラックには、Vカットをしてコーキング施工を行います。
ヘアクラック程度の軽微なクラックは、防水モルタルにて隙間を埋めます。

また、屋根の時はあまり関係ないですが、
防水工事の改修工事の場合は、下地に多少の凹凸が出来ている事があります。
多少の凹凸というのは屋上防水にあってはならない状態ですので、
きっちり水の流れを作ってあげなくてはいけません。
ほとんどの場合、防水モルタルを用いて綺麗に勾配を取り直す事で
水が溜まりにくい理想の屋上防水とする事が出来ます。

屋根の場合も、屋上の場合も下地は重要という事ですね。
特に屋上は水はけの問題もあるので、腕の確かな業者さんにお願いしたほうが無難です。
我が家も初めのころ、DIYで何とかできないかとあがいてみましたが、
最終的には業者さんにお願いして良かったというのが本音です。

② 綺麗で確実な養生を行っているか

さて、一般人に把握してほしい手抜きのポイントその2です。

・綺麗で確実な養生を行っているか

屋根や、屋上防水工事の場合、工事を行わない部分にきちっと養生を行わなければいけません。
腕の良い防水業者の場合は、工事自体も綺麗に納めます。
養生を綺麗に行うか否かで、手抜きをせずにきちんとした防水工事を行う事が出来るか見抜く事が出来ます。
業者の中には、綺麗に施工する事が出来るからと養生なしで施工を行う業者もいるようです。
しかし、理にかなっていそうで実はそうではありません。
養生を行う事は防水工事において鉄則ですので、養生しない業者は良い仕事をしません。

手抜きをしない=丁寧な仕事をするという事でしょうか。
これは工事に入ってからでないとわからないことですので、
契約前に知るのは中々難しいかもしれません。

① 既存下地のケレン及び清掃をきちんと行っているか

一般人に把握してほしい手抜きのポイントを少しずつですが挙げていきます。
勿論、一般人の私が調べてわかったことですので、
全てが絶対ではありませんが、気を付けるに越したことはありません。

・既存下地のケレン及び清掃をきちんと行っているか

下地処理をきちんとしないと、防水層との密着が悪くなるようです。
ケレン棒やケレンベラ、サンダー等を使って、
下地の清掃や余計な不純物の撤去などをするようです。
尚且つ、高圧洗浄にて綺麗に洗浄を行う事で、綺麗な下地状態とする事が出来ます。
防水工事における下地清掃は欠かす事が出来ない大事な工程ですね。
この基本中の基本を行っていない業者は少なくないようです。

やはり、人の目が届きにくい所は手抜きにつながりやすいみたいですね。

工事の手抜きの見抜き方

屋根や、屋上防水という工事は、目に見えにくい
部分での工事の為か一般人にはわかりにくい工事ですよね。
その為、残念ながら手抜き工事をされてしまう事もあるようです。
適当な工事をしてもバレにくいという事で、
近年は訪問販売等の悪徳業者による手抜き工事も話題になっていますね。
そこで、一般人でもわかる屋根や屋上防水工事での手抜き状態の
見分け方をピックアップしてみました。

① 既存下地のケレン及び清掃をきちんと行っているか
② 綺麗で確実な養生を行っているか
③ 下地の補修を綺麗に丁寧に行っているか
④ 信頼できる地元の業者に依頼する
⑤ 屋上防水工事の際にはしごで行き来する
⑥ 時間土日関係なく工事を行う
⑦ 追加の工事費用をいきなり請求してくる

ざっと上げただけでこんなにありました!
それぞれについて後程詳しく書いていきたいと思います。